人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

重要なのは「愛されている」という実感

   

人生を良くするために、
一番重要なことは、

「私って実は愛されてるんだなぁ」

と、実感できることです。

昨日、お子様ランチを食べに行ったときの話
したのですが、

やる前は本当にこんなことで、
変わるのかな?と疑問に思いながらも、
お子様ランチを食べました。

その、激甘のカレーを口に運んだ瞬間、
子どもの頃の記憶が蘇るんですね。

で、
あのとき家族と一緒に食べられなかったのが
悲しかった、

一人だけ食欲が湧かなくて辛かった、

私だけ食べられないのが
なんだか申し訳なかった、

お子様ランチを食べられる日もあったけど、
完食できなかったり、

ひどい場合は、
店に無理を言っておかゆを作ってもらったり、
スープだけ飲んでいたり、
うどんを食べることも多かったんです。

あぁ、なんでみんな美味しそうに食べていて、
私だけこんな味気ないメニューなんだろうと、
悔しい気持ちもありました。

でも食べられない。

ネガティブだけど、
微妙に違う色々な感情がありました。

そうして、
「食べられなかった」
という過去に対して、

「食べて美味しい」
という現実を自分にさせてあげた。

そしたら小さいあのときの自分が
満たされて、

「あぁ、やっと食べれた」

って喜びました。

悪霊の成仏かよ!って
突っ込みたくなるほど(笑)

そのあとに、じわじわっと、
「愛されてたんだなぁ」
「ありがとう」
って気持ちが湧いてきたんですね。

だって、両親は、
私が食べられないからといって、
家に置いてけぼりにしなかったし、

店員さんに無理を言って、
おかゆまで作らせてくれたり、

お店側もメニューにないものを
作ってくれました。

旅行に行ったときも電車に酔って、
父が気分転換のために、
駅のホームを一緒に歩いてくれて、

駅員さんに、
「酔い止めを持ってないですか?」
と尋ねてくれた。

調子の悪い私でも、
外に連れて行って、
色んなところを見せてあげたい、
楽しませてあげたい、

という気持ちが、
あったんですよね。

そこで、やっと私は、
ネガティブな感情ではなく、

「あのときも愛されてたんだなぁ」

と、実感できるようになりました。

過去は変えられないけれど、
過去の考え方を変えることは可能です。

そして、
何を信じるかによって、
人生も変えていけるんですね。


忘れてた愛情わたしにもあったよーーって人は、

LINE@で友達登録してくださいね。

友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40veo8075j


いつもブログランキングの応援、
ありがとうございます☆


人気ブログランキングへ

いきなり相談が不安な人は、
ブログでなんでも相談を利用してね。
結果を早く出したい人はセッション

私は不安障害やパニック障害で、
家からまともに出られない状態から
講師になれるまでに成長しました。

私のプロフィール

フェィスブック個人ページfacebookページのいいね!
ありがとうございます!

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 

 - カウンセリング