人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

人は常に変化するもの

      2017/03/12

人の価値観は
日々変化し続けています。

それは、入ってくるあたらしい情報や
経験や失敗によって、気づきを得たり、

メンタルの状態も違うし、
行動も変わります。

でも、人は初対面で、
ついついレッテルを
貼ったまま接してしまいます。

自分のことを
想像してみてほしいのですが、

1年前の自分と、
今の自分は、
何もかも同じではないと思います。

考え方が変わった部分や、
経験も違っているだろうし、

好きなものや、
嫌いなものも、
微妙に変化しているかもしれません。

人と会うときも、

「1年前に会った時の友人と
今の目の前の友人は違う」

ということを、
意識していこうというお話です。

drtjjyftjyky-thumb-autox1000-21004

一年だと考えにくいかもしれないので、

例えば、
小学校の頃いじめられていたAさんが、

大人になっても、
いじめられているとは限りません。

でも、同窓会なんかで会うと、

いじめていたBさんは、
昔のレッテルを貼ったまま、
Aさんのことを、

「いじめてもいい人」

として接してしまいます。

Aさんが変わっているとは
思えないのです。

私自身も、
1年前、3年前、5年前、

では、
かなりの変化をしています。

昔の私の悪い状態を知っている人は、

もしかしたら私のことを
バカにしてくるかもしれません。

変化してることを
知ったとしても、

昔のダメな頃の私のことを持ち出して、
そういう話しかしないかもしれません。

人は変化するということを
知らないままでいると、
昔貼ったレッテルのままで、
接してしまいがちです。

人は周りが変わらないことに
安心するものなので、
人の向上心を、

「残念な人になった」

「前の方が良かった」

「あなたはそんな人じゃないはずだ」

などと否定的なことを言われてしまう。

そんなことを言ってくるような人は、
あなたにとっては、
本当に大切な人ではないかもしれません。

人は変化するとき、
かなりの勇気を出しています。

服装一つ変えるだけでも、
自分にとっては大きな変化です。

今までの自分にとっては、
ありえない色とか、
ありえない可愛い服なんかを
着るだけでも、
かなりドキドキしますよね。

髪型を変えたり、
食事のパターンを変えることも、
内容によっては勇気が必要です。

なので、
あまり勇気を台無しにするのではなく、
温かい目で見たいものですよね。

一年とかではなく、
一週間、1日前ですら、
人は変化しています。

1週間前に言っていたことを
撤回することもあるだろうし、

今日、いきなり金髪に
してくるかもしれません。

自分の価値観が変化していると
思えるんだったら、

人が変化しているという前提で
今の目の前の人と接する。

ということを心がけると、
人の変化も受容していけて、
結果、
自分の心も広くなれますよね。

◆まとめ◆

人は他人を
「◯◯な人だ」というレッテルを
貼っている。

人の内面や外見は変化している。

人は変化しているという前提で
人と接する。

IMG_2806

 

いつもブログランキングの応援、
ありがとうございます☆


人気ブログランキングへ

・不安感が強くて身動きがとれない。

なかなか現状を変えられない。

・人間関係が辛い。

・イライラ、怒って人に当たってしまう。

・行動力、やる気がない。

現状は人それぞれです。

ブログでなんでも相談
無料活用してください☆

現状をもっと早く良くしたい方は、
セッションで☆

あなたの問題を解決します。

私は不安障害やパニック障害で、
家からまともに出られない状態から
講師になれるまでに成長しました☆

詳しい私のプロフィールもご覧ください。

フェイスブックにも、
遊びに来てね。

facebookに登録してなくても
見られるfacebookページもどうぞ。

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - 人間関係, 自分自身の心理