人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

1人ではなく3人以上の師匠や先生から学べ!

      2017/06/27

変わりたい、良くなりたいと思って、
通常は本を読んだり、
本人から直接学んだりしますよね。

ただ、
状態が悪い時というのは、

視野が狭くなっているし、
疑り深くなってるし、
人を信用できなくなってるし、

何か教えられても、

本当の意味がわかってないとか、
実践する気にもなれないとか、
私にできるわけないよとか、
やる前から無駄だと思ったり、

まぁ、とにかく頑固です(笑)

新しい価値観を取り入れていくのだから、
今までにない価値観を
受け入れるのはやはり大変です。

私も色々学んできて思うのは、

1人の人から学んでも、
どこか疑う気持ちがあるんですよね。

「どーせ、
先生だから上手くいったんでしょ?
へっ!!ε-(´∀`; )」

とか拗ねたりするわけです(笑)

まぁどんな先生も、
初心者の頃はあったし、
なんの苦労もなく
やってこれたわけではないんです。

けど、なんだか疑り深い気持ちは
残って、腑に落ちない、
ってことになる。

例えば、
「言いたいことは本人に伝えた方が

と学ぶとします。

1人目。
知識としては入る。
ふーん、そうなんだー(*´-`)
私には合わないけど、
でもそういう考え方もあるよね。

確かにそうなんだろうけど、
なかなかやろうとまでは思えない。

2人目
1さんとは別の視点から聞くので、
理解が深まる。

あ、1さんと同じこと言ってる。
もしかして本当なのかな?
本当にいいのかもな?
やった方がいいのかな?

と、理解が深まり、
やった方がいいのかな?
と思えるようになる。

3人目

知識だったものが、腑に落ちて、
納得のいくレベルに達する。

1先生だけじゃなかった!
なるほど!本当にそうなんだ!

「素直にやった方がいい」
と思えるようになる。

というふうに、
1人の先生よりも
納得のいくレベルで、理解が深まって、
行動レベルにまで落としやすくなる。

ということです。

1人の先生だと、
先生にとっては重要な部分は
丁寧に伝えられますが、
先生にとって重要でない部分は
説明が軽く済まされる、

という現象が起きます。

成功すればするほど、
「初心者の視点が抜ける」
ということも出てきます。

これは、どんな先生でも
ありうることです。

つまり、複数の先生から学ぶことで、
理解度が深まり、
行動しやすくなったりします。

もちろん、
先生によっては、
微妙に解釈が違っていたり、
180度違うことを伝えていたりもします。

その場合は、
どっちを信じたら良いのか
迷うことがあります。

そんな場合は、
一番信じたい先生の理論を優先するか、

自分が信じたい理論を信じるかの
どちらでも良いのだと思います。

3人というのは単なる目安ですが、
会う人でなくとも、本を読めば、
もっとたくさんの人の知恵があり、

「そうだったんだ!」

という気づきや閃きも多くなります。

いろんな人のお話を聞いて、
気づきを自分のものに
していきましょう(*´ω`*)

 

 - 人間関係, 理想のライフスタイル