人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

依存心と不安の関係

      2016/06/23

ということで、
分からないから不安なんだよね、
ということをお伝えしました。

なんか、投稿のスタイルを変えたので、
改行できてなくて読みにくくなってしまってました。
今は治っているので、またご覧下さい。

24時間以内に
やってみたい3つのことはなんでしたか?

今日もありがとうございます。
クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします。
6月度、不安解消のための
30分無料セッションも受け付けています。

今すぐメッセージください。

今回は、
不安を感じ続けてしまう一つの要因について、
お話していきたいと思います。

なぜ色々なワークや
考え方を知ってみても、
実践してみても変わらないのか。

逆にやってみたところで、
余計にイライラしてしまったり、
無気力になってしまったりするのは
なぜでしょうか。

そして、イライラした上に、
現状は何も変わらない…

もし、そうなのだとしたら、

「どうせやってみたところで無駄だ」
「変わるわけがない」
「自分で何かやるのが億劫だ」
「環境さえ整えば・・・」

ともしかしたらお考えなのかもしれません。

今回のポイントは依存性です。

依存の状態というのは、

「私は○○がないと生きていけません。」
「やめたくてもやめられません。」
「やってみたくてもできません。」

な状態です。

依存症という言葉をよく聞くとは思いますが、
日常生活に支障が出てくると、
困ったことになりますよね。

代表的なのは、

アルコール・タバコ・酒
ブランド品・ギャンブル
スマホ・美容整形、など、
ありますよね。

人間関係でも

仕事(忙しくないと安心できない)
恋愛(パートナーがいないと生きていけない)
やたら世話好き(人と常に一緒にいないと不安)
パートナーや家族への批判や攻撃。

ESTAR0I9A6995_TP_V

 キーワードは、
「私は○○がないと生きていけません。」
なんですよね。

の○○にキーワードを入れていくと、

だいたいハマります。

私自身も、
お金あったら買い物したくなったり、
家族にまだまだ批判的だったり、
バイトにしがみついてたり、

っていうのは正直あるので、
耳が痛いっていうか、
耳が痛いです。

誰にでも、依存的な部分は多少なりともあると思いますけど、
依存的な部分があまりにも強いと、
自分の強みが活かせなくなるんですよね。

依存度の高い人は、
自分に対する評価が低くて、
自分を過小評価してて、

0か100かでモノゴトを考えてて、
感情的になりやすくて、
自己嫌悪に陥りやすい。

自分の価値が他人によって左右される。
人の顔色をうかがいやすい。

なので、人から距離を置かれやすいし、
孤独な状況になりやすい。

うわ~なんか・・・書けば書くほど、
自分の状況か!と思ってしまいます。

で、依存の状態というのは、

基本、周りが悪いと思ってます。

・この人さえいなければいいのに。
・お金さえあればなんだってできるのに。
・私が正しくて、周りが間違ってる。

 
・家族が反対するからやめてしまう。
・他人をコントロールしようとしてしまう。

あぁ、心当たりありまくり(*´Д`)

「じゃあ、私はダメなんでしょうか?!」

と、思ってしまうところなんですが、

安心してください。

依存心は、人間の本能的な部分でもあります。

どんなに自立心が有るように見える人でも、
どんなに成功してて億万長者でも、

依存心はあるんでございます。

さっき言った、
周りが悪いって気持ちは、
誰だって最初に頭に浮かんでくるものなんです。

例えば、
「椅子に足がぶつかって転んでメチャメチャ痛い(涙)」

という出来事が起こったとします。

「誰じゃこんなところに椅子を置いたのはゴルァ!」

というのは、誰でも反射的に考えるのです。

ここで、分岐点です。

依存的な人は、
犯人探しをして非難しにいきます。

うまくいく人は、

「私が不注意だった」
「同じことが起こらないためにどうするか」
「椅子を置いた人に悪気はなかった」

などと考え直します。
(あくまで一例です)

こういった考えは、
少しづつ意識的に養っていくしかありません。

つまり、自分が何に依存しているのかを自覚したうえで、
客観的にモノゴトを見る練習が必要です。

==========
ステップ1
自分が依存しているものを認識する
==========
「私には○○がないと生きていけない」
「やめたくてもやめられない」
「やってみたいけどできない」

と思うものを考えます。

私なら、不規則な生活、夜更かしとかですかね。

あとは、外で弱ってる猫を見ると、
拾いたくなってしまう衝動があります。

==========
ステップ2
客観的に見てそれをどう思いますか?
==========
夜更かし
自制心がなくて不健康だと思う。
自分を大切にできていない。

猫を助けることで自分が助かると思っている。
死ぬことが悪いことだと思っている。
猫が不幸なのだと思っている。

==========
ステップ3
そこから何を学んで行動するのか。
==========
夜更かし
動ける自分の体に感謝する。
寝ることを大切にする。

猫に死が訪れたとしても、猫は不幸ではない。
全てを助けられないことを知る。
自分を犠牲にしても、猫は幸せになれない。
拾わない勇気を持つ。

***
はい。
なんか、猫への依存度が高い私です。

猫がいないと生きていけないとまでは
思わないけど、
助けられないことに罪悪感あるんですね。

でも、やっぱり、猫飼ってて、
幸せそうな姿見ると、
私はめちゃくちゃ笑顔になるし、
見習ってる感じです。

依存心について書きましたが、

極端に一人でなんでもしようとか
思ってしまうのもしんどさの原因です。

人は完全に一人では
生きていくことはできないですし、
助けを求めるってことも、
とても大事なことなんです。

(と自分に言い聞かせてます…)

出来事から何を学ぶか?っていうところが、
依存で終わらない秘訣でしょうか。

ところで、アドバイスって好きですか?
私はめちゃめちゃ好きです。
求められてないのにやってしまいます。
について、次回お話していきます。

image

◆◆◆◆◆告知◆◆◆◆◆

もしもブログに書いてあることを実践しても
結果が出ないのだとしたら、
別の問題が片付いてないせいです。

今回は6月度、限定で、
不安解消のための

30分無料セッションを
受け付けています。

対面(大阪難波付近)
お電話・無料通話サービス
Skype・facebookメッセンジャー・Line・Eメール

に対応しています。

変化されたいと思う方は、
今すぐ「無料相談希望」メッセージください。
お逢いできるのを楽しみにしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもありがとうございます。
クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

あなたが思い込みに気づいたり、
行動を少しづつ変えていくことで、
人生は変化します。

不安に思っていること、悩んでいること、
対人関係、あがり症、パニックなど、
ブログで取り上げてほしいお悩みを募集します。

個人的に相談したい、
お問い合わせはこちらまで。

私のプロフィールはこちら

フェイスブックをやっています。
ぜひこちらへ遊びに来てください。

ブログの感想や改善して欲しい点など
フィードバックもお待ちしています。

 - 心理学, 自分自身の心理