人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

【ミラーニューロン】その不安や心配ごとは他人の感情?自分の感情?

      2018/04/24

不安なことや心配ごとがあるとき、その全ての原因は自分にあると考えていますか?

湧き上がってくる感情そのものは本物なので、そりゃあ自分の感情だろうと考えるのが普通なのかもしれません。

私自身も全部自分の思い込みだよと教えているのですが、今回はその中でも実は自分とは関係ないものも混ざっています。

普段どんな不安や心配ごとに悩まされているのか?

どんな人でも悩みは尽きることは無いように思いますが、やはり過剰な不安や心配ごとというのは、行動を止めてしまうものです。

・新しいことを始めるときに怖くなる
・社会に出ることでやっていけるかが心配
・人前に出るときに緊張する
・職場や学校でいじめられないかが不安
・何をやってもどうせ無理だと感じる

もちろん不安や心配ごとというのは、人間にとって必要な感情で、自分を危険から守るため、回避するために存在します。

なので、不安や心配ごとが起こっても、その感情は「私を守ってくれているんだな」と少しだけ意識を向けることが大切です。

自分の不快な感情を嫌えば嫌うほど、増大してしまうのはなんとも不思議なものですねぇ(。-_-。)

ミラーニューロン

ミラーニューロンとは、他の人の行動を見て、まるで自分も同じような行動をとっているかのように、まるで「鏡」のような反応を示すことから名づけられた脳の活動による反応のことです。

これは共感力を司っている部分でもあります。

私の場合は、病院に親戚のお見舞いに行って、なぜか自分まで具合が悪くなるといったことがよくあります。病院から出ると、ピタッと症状が治まります。

これはもう典型的なミラーニューロンによる反応だと思います。

・この人と居るとなんだか疲れる
・この人と居ると落ち着かない
・この人と居ると緊張する
・この人と居ると気分が明るくなる
・この人と居ると安心できてホッとする

というのもミラーニューロンが働いていて、いい意味でも悪い意味でも自分自身に影響しているものなんです。

人の潜在意識は氷山に例えられるように、3%は意識で、残りの97%は無意識で、人の無意識は97%の水面下で繋がっていると考えられています。

人は近しい人の影響を受けやすく、特に同居している家族間の影響をかなりの割合で受けていると考えられます。

もちろん人だけでなく、動物や物からも影響を受けています。

自分の不安や心配ごとが本当に自分のものなのかを疑う

ミラーニューロンの影響で人は他人からも大きく影響を受けているということがお分かりいただけたと思います。

今感じている不安や心配は、今まで自分に原因があると思っていたけど実は他人のものではないか??

と疑うことができます。

例えば、私自身の場合、新しいことを始めるのに不安を感じています。

それと同時に「何をやってもどうせダメだ」と感じることもしばしばです。

しかし、これは同居している母が自分自身に対して評価しているであろうことでもあります。

つまり、

「私は何をやってもダメなんじゃないか…」

「新しいチャレンジも出来ない…」

という母の無意識の思考が私にも流れてきて、私に対しても同じように評価していると考えられます。

いじめられたことのない子が、

「いじめられるのが怖くて学校に行けない」

と言っている場合は、お母さんが過去にいじめられた経験があって、子どもに対して「この子が学校でいじめられたらどうしよう」と心配しているのです。

この場合、お母さんをカウンセリングすることで、子どもの学校に対する不安がなくなります。

繋がりが見えると関係ない縁は切ることができる

これまで話してきたように、自分が感じている不安や心配ごとの中には、自分の本当の感情とは全く関係のないものが多く存在します。

「この人を嫌いなのになぜか離れられない」という場合は、相手が「この人から離れたら誰にも相手にされないのかも」と不安に思っているからです。

ここまで読み進められたあなたなら「あれ??」と思うことがあるかもしれません。

自分自身の不安や心配ごとを全部たな卸してみて、自分の感情なのか、他人の感情なのかを選別してみると、他人の感情まで背負っていることが分かります。

他人のものだと分かった瞬間、

「この感情は私とは関係ない!」

と心の中で切り捨てることが出来るようになります。

もちろん100%とはいかなくとも、繋がりが見えればある程度心の中で断ち切ることで、気分が軽くなります。

他人の感情まで背負わなくていい

心がざわざわしたとき、不安に思うとき、ネガティブな感情でいっぱいになる前に、

「これは私の感情なのかな?他人の感情なのかな?」

と分けて考えることで、必要以上に不安になることも少なくなります。

ミラーニューロンが強く反応してしまう人は繊細で外部からの影響を受けやすく、困ってしまうことも多いです。

しかし、それは人の痛みを理解できる「共感力」が高いということでもあります。

外部からの悪い影響に対しては、「これは関係ない!」と強く意識していくことで、心も身体も楽になっていくことができます。

 

記事が役に立った、楽になった、なるほど!と感じたらシェアして
応援していただけるとブログを書く原動力になりますヾ(*´∀`*)ノ

・今のままの孤独で辛い状況を脱出したい
・人見知りや対人関係の恐怖心を克服したい
・人前に出るのが恐い
・本やブログではなかなかうまく変われない
・自己啓発を学んでもなぜか辛くなる
・喪失体験(離婚・退職・死別)などを乗り越えたい

あなたの人生が良くなるよう全力でサポートいたします。

カウンセリングで本気で早く人生を良くしたい人は
セッションをお申し込みください。

いきなり相談が不安な人は、
ブログでなんでも相談をご利用ください。

LINE@で友達登録!友だち追加https://line.me/R/ti/p/%40veo8075j

ブログランキングの応援ぽちっとありがとうございます!人気ブログランキングへ

◆フェィスブック(facebook)◆
・個人ページ
https://www.facebook.com/huanzero
・ビジネスアカウント
https://www.facebook.com/cocorokaizen/

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - 両親・家族, 心理学, 脳科学, 自分自身の心理