人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

*

不安、心配、痛み、不幸でいるストレスで分泌される脳内麻薬

      2017/03/12

 

2月のあまりの寒さに、
手が痛いし外にも出たくない
今日この頃(*´-`)

ということで、
今回は脳内麻薬について。

私たちは、感情の波や、
状態の悪い時は、
被害妄想に陥ることがあります。

pak160224230i9a0330_tp_v

・誰も私のことわかってくれない。
・あの人に無視された。
・私ばかり攻撃される。
・またうまくいかなかったと失敗して凹む。
・私は仲間外れにされている。
・根拠のない不安や心配事で何も手につかない。

など、
日常よくあることと思います。

一時的にこういう状態になっても、
通常は問題ありません。

ネガテイブな状態が
やたら長く続く場合は、
うつ状態と言えるかもしれません。

「気分は沈んで
嫌な気分なんだけどやめられない」

という場合は、
脳内麻薬の中毒に
ハマっているのかもしれません。

その脳内麻薬というのは、

βエンドルフィンと呼ばれる
神経伝達物質の一種です。

βエンドルフィンは
ストレスや痛みなどの刺激で分泌され、
鎮痛効果や気分の高揚、
心地よさや幸福感が得られる物質です。

本来、恐怖心や不安を麻痺させて
戦うための本能とも言えるものです。

鎮痛作用は麻薬のモルヒネの
6.5倍とも言われるほどです。
(諸説あります)

またこのような状態になると
同じようにドーパミンも分泌されます。

ドーパミンは通常は、
快感や多幸感を得て、
意欲やモチベーションを高めます。

これらの物質は、
マラソンのランナーズハイ状態、
SMプレイでも出ているとされています。

あとは依存症。
酒、タバコ、ネット、
パチスロ、ギャンブル買い物、
甘いもの、などで、

多く分泌されるのがドーパミンです。

沈んだネガテイブ気分から
抜け出せず、

「不幸でかわいそうな自分」

でいるとき、

自分で自分にストレスを与えています。

そこで分泌される
βエンドルフィンとドーパミンにより、

「不幸でかわいそうな自分に

快感を抱いている可能性がある」

のです。

自傷行為やリストカットをくり返すのも、
痛みや不安が和らぐからです。

私も7〜8年前、
あまりにも強い怒りを感じた時に、
手の甲をカッターで軽く傷つけた
ことがあります。

その瞬間フッと気分が楽で穏やかになり、
よく眠れたという記憶があります。

あまりにも一瞬で効果が出たので、

「これをやるのはヤバイ!=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )」

と感じて、
これは一回きりの経験でした。

そこまでいかなくても、
ダメな自分、
不幸な自分、
出来ない自分、
自分を責め続ける、

暗い過去しか思い浮かばない、
希望のない未来しか想像できない、
ネガテイブ発言をくり返す、

なんかもそうですね( ´_ゝ`)

ネガテイブでいることに、
快感を感じている可能性があるよ(*´-`)

と聞いて、

「イヤイヤ、
そんなこと好き好んで
やっとらんわぃヽ(o`Д´o)ノ!!」

と言うそこのお人!

本当に本当にそうでしょうか?

友人や親しい人などから、

「もっと前向きになったら?」
「もっと楽しいことに目を向けたら?」
「気にしてもしょうがないよ」
「あなたなら出来るよ」

などと、アドバイスされても、

「そんなこといったって、
どうせ私は…」

「言うのは簡単よね…」

「絶対無理、出来ない…」

などと言って、
幸福になることを、
跳ね返してきたのではないでしょうか。

実は不幸でかわいそうな自分で
いる方が幸せだったりするんです。

私も今でもそういった一面はあるし、

うつの人を見ていると、
不幸でいることが幸せで、
幸福になりたくないんだな〜(・-・)

とホンマに思います。

沈んだ気分から抜け出せない
というときは、

「不幸でいることが快感なのかも?」

と、まず考えてみることです。

また、ネガテイブすぎるのは、
人とあまり接していない状態でも
あるとも言えます。

職場や家、友人間であまり
会話がないのもそうです。

ネットでメッセージのやりとりを
していても、
あまり効果はありません。

テレビの芸能人を見ても
なんとも思わないですが、

実際に会ったら
ファンでなくとも
めちゃめちゃテンションが上がって
感動すると思います。

人はやはりリアルな相手と
接することで、
健全な幸福感が得られるのです。

むしろリアルな世界でしか、
幸福感は得られません。

実際に会いたい人と会うことで、
思っている以上に
喜ばれたりするものです。

引きこもりながら
言うことじゃないのかも
しれませんが(笑)

img_2214

◆まとめ◆

ネガテイブな気分が長引くときは
βエンドルフィン、
ドーパミンなどの
快感物質が分泌されている可能性がある。

ネガテイブでいるときに
快感を感じているのかも?
と自分を疑ってみる。

ネットよりもリアルで
人は幸福を感じられる。

いつもブログランキングの応援、
ありがとうございます☆


人気ブログランキングへ

・不安感が強くて身動きがとれない。

なかなか現状を変えられない。

・人間関係が辛い。

・イライラ、怒って人に当たってしまう。

・行動力、やる気がない。

現状は人それぞれです。

ブログでなんでも相談
無料活用してください☆

現状をもっと早く良くしたい方は、
セッションで☆

あなたの問題を解決します。

私は不安障害やパニック障害で、
家からまともに出られない状態から
講師になれるまでに成長しました☆

詳しい私のプロフィールもご覧ください。

フェイスブックにも、
遊びに来てね。

facebookに登録してなくても
見られるfacebookページもどうぞ。

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - いじめ, 人間関係, 依存, 心理学, 自分自身の心理