人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

自宅に帰ったときの罪悪感③「楽しんでおいで」と言われたかった

   

前回の続きです。

もし、親に、

「出ていけ!」

と言われたら、

どこかの小屋に

「行くしかないな」とか、

水は公園とかで飲めても、

「餓死するんかな?」

とか考えたりしました。

クリックorタップで、
ブログランキングの応援してね☆


ブログでなんでも相談
での投稿募集しています

現状が変わらずお困りの場合は、
セッションでお会いしましょう☆
yuki86_randoseru15115718_tp_v

母はあれから2度と

「出て行け」

とは言わなくなりましたが、

「捨てられるんじゃないか」

という不安が常に

あったと思います。

高校時代では、

夜遅くまで遊ぶ、

友人の家に泊めてもらう、

にしても、母は

不機嫌な顔しか

しませんでした。

楽しんで遊ぶのですが、

帰るときは、

何故か罪悪感で

いっぱいです。

だから、

行くときも帰るときも

暗い顔をして、

いつも家に帰るのです。

私は

「楽しいことをやりたい」

「みんなと一緒にいたい」のと、

「母を悲しませたくない」

「見捨てられるかも」の

いくつもの感情を

感じながら過ごしていたんだと

思います。

だから夢を語るときは

暗い顔に、

辛い経験を話すときは、

笑っていたりします。

母を見捨てて、

自分だけ楽しんではいけない。

と無意識に

思うようになっていました。

私は、母に笑顔で、

「楽しんでおいで」

「おかえり、楽しかった?」

「好きに生きたらええよ」

と言って欲しかったんだと、

思います。

今、母が不機嫌な顔をしたり、

文句を言ってきたりするのは、

「寂しいだけ」です。

子どもの頃は、

私を危険から守るためにも

ありましたが、

今は、

一緒にいて欲しいという気持ちが

母の心にあるのです。

しかし、私の人生は

母の寂しさを埋めるために

あるのではありません。

母が人と接するのを

面倒くさがったり、

キツイ口調で、

人を遠ざけてしまうのは、

母の問題です。

そう言いながらも

相変わらずブレーキも

かかりますが、

親の価値観を

捨てて行こうと思います( ^ω^ )

img_2408

クリックorタップで、
ブログランキングの応援してね☆


人気ブログランキングへ

・不安感が強くて身動きがとれない。

なかなか現状を変えられない。

・制限された中で生きていくのが辛い。

・何をやっても楽しく感じられない。

現状は人それぞれです。

ブログでなんでも相談
利用してください☆

現状を早く変えたい、
と言う場合は、
セッションでお会いしましょう☆

私があなたの問題を必ず解決します!

私は不安障害やパニック障害と十数年近く
付き合っ
てきました。

詳しい私のプロフィールはこちらです。

フェイスブックにも、
遊びに来てね。

ブログの感想やご意見、コメントなど、
お待ちしています。

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - 両親・家族, 自分自身の心理