人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

気分が暗いか明るいかで記憶は変化する。

      2017/03/12

人の感情ははいつも揺れています。

明るい気持ちになっていても、
それは永遠には続かないし、

暗い気持ちになったとしても、
それが永遠には続きません。

IMG_2811

明るくもなく暗くもなく、
ニュートラルな時期も
あるものです。

その時の気分は、
記憶とも連動しています。

つまり、
明るい気分の時は、
過去の明るい、嬉しかったり、
楽しい記憶が引き出されます。

暗い気分の時は、
過去の暗い、苦しみや、悲しみ、
怒りなどの辛い経験が
出てきやすいのです。

なので、
同じ仕事をしていても、

調子のいいときは、
うまくいくイメージができますが、

調子の悪いときは、
失敗するなどの、
うまくいかないイメージに
なってしまいがちです。

今現在の感情が
過去の良い記憶と悪い記憶と
連動しているということは、

過去の記憶は今の感情で
記憶を置き換えてしまいます。

つまり、
記憶そのものは割と曖昧です。

もし、失敗ばかりするイメージや
記憶ばかり浮かんでくる場合は、

本当に失敗ばかりであったかを
疑う必要があります。

例えば、
「過去に恋愛が上手くいかなかった」
ことで、

恋愛に前向きになれなかったとします。

結果的に別れることになり、
悪い記憶ばかり思い出してしまう状態
なのかもしれません。

でも、付き合い始めや、
幸せを感じることも
沢山あるはずです。

ものごとには、
プラスの側面とマイナスの側面が
あります。

そうやって一つ一つ
ものごとを解釈していくと、
良いも悪いも無くて、

だんだん、
感情的で無くなってきて、

「そういう事実があったんだな」

というものになってきます。

その上で、
また恋愛がしたいのか?

ということを
本当の自分に尋ねると良いのです。

たぶん、本当の意味で
恋愛をしたくない人というのは
居ないんじゃないかと思います。

人間の欲求の本能的な部分では
恋愛は外せないものですからね。

◆まとめ◆

・感情は常に揺れ動いているもの。
・人は今の感情で過去の記憶を引き出している。
・悪いイメージしか思い浮かばない場合は、辛い経験しか思い出していない。
・ものごとにはプラスとマイナスの側面がある。
・本当の気持ちを考えてみる。

IMG_3080

いつもブログランキングの応援、
ありがとうございます☆


人気ブログランキングへ

・不安感が強くて身動きがとれない。

なかなか現状を変えられない。

・人間関係が辛い。

・イライラ、怒って人に当たってしまう。

・行動力、やる気がない。

現状は人それぞれです。

ブログでなんでも相談
無料活用してください☆

現状をもっと早く良くしたい方は、
セッションで☆

あなたの問題を解決します。

私は不安障害やパニック障害で、
家からまともに出られない状態から
講師になれるまでに成長しました☆

詳しい私のプロフィールもご覧ください。

フェイスブックにも、
遊びに来てね。

facebookに登録してなくても
見られるfacebookページもどうぞ。

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - 恋愛・夫婦・パートナーシップ, 自分自身の心理