人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

人間不信、人を信じられない

      2016/09/11

今回は、人間不信で

人を信じられない人について、

お話ししていきます。

ewrtyufdrezfs_TP_V

人に対して攻撃的になったり、

人から褒められても、

何か裏があるんじゃないかと

勘ぐってしまって

素直に言葉を受け取れません。

 

あるいは人からは極端に接する機会を

避けてみたり、

目立たないような行動をする。

 

人を信じられないのは、

過去に人を信じて、

裏切られた経験があります。

 

だから2度と傷つくまいとして、

人との関係を遠ざけてしまいます。

 

では、

傷ついた経験はいつ頃から

あるのでしょうか。

 

子どものころ、お母さんが依存的で、

どこに行くのも気になって、

行き先をしつこく聞いてきたり、

出先に電話したり、押しかけたり

されたのかもしれません。

 

心配しているつもりのお母さんですが、

子供からしたら、

邪魔されている、

好きなことをやってはいけないような

気がします。

 

つまり、

お母さんから信用されていないと

感じてしまいます。

 

母親から信用されないと感じていると、

他人も信じられません。

 

だから、この人だったら

信じても良いんじゃないかと、

いう人が現れても

自分からその人を遠ざけてしまいます。

 

人を信用しないということは、

自分のことも信じられません。

 

そういう人は、

「お母さんから信用されていない」

という価値観を、

手放す時期が来ているのだと思います。

 

本当に、

お母さんから信用されてなかったのか。

 

お母さんが信じてくれたことは、

なんだったのかを

本当に邪魔をするつもりだったのかを、

考え直す必要があるのだと思います。

 

自分の中の信念が覆った時、

人は変わるんです。

image

 

 - 両親・家族, 人間関係, 自分自身の心理