人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

落ち込んだ時の対処法

      2016/09/22

人間には
喜怒哀楽の感情があります。

だから、
どんなに嬉しいことがあっても、
凹む時期は来ます。

クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします☆
現在は
ブログでなんでも相談を募集しています
そのかわりブログで紹介させてください。

現状が変わらずお困りの場合は、
セッションで私に会ってください☆

pak160224230i9a0330_tp_v

また、落ち込んでいたとしても、
そのうち明るい気分になるのも、
人間の自然の周期です。

凹んでいるような時期が長く続くと、
うつです。

うつと、極端なハイテンションが
交互に訪れると、
躁うつ病です。

と、話がそれましたが、

楽しい気分だったり、
落ち込んだり、
怒ったり、
悲しんだり、は、

当たり前にあることです。

凹んでるときに、割と、

「いつまでも落ち込んでたらダメだな」

と、気を紛らわそうとすると、
余計に落ち込みます。

気分は飽きたら浮上してきますが、

できれば沈んだ気分からは、
なるべく早く復活したいものです。

こんなとき、
どうすればいいのかというと、

「ちゃんと自分を責める」

自分を責めてあげることです。

「落ち込んでたらダメだ」とか、

思ってるから、余計に凹むんです。

ちゃんと自分を責めるというのは、

「なんで言いたいこと言わんのや!」
「自分アホか」
「何をぐずぐずしとんのや!」
「泣いてりゃいいとおもっとんのか!」

「黙っててもなんも起こらんぞ!」
「やるだけ無駄やなお前は!」
「お前には絶対出来んわ!」
「ほらな、やっぱりうまくいかへんわ」

てな感じで、
自分を責めてあげたらいいんです。

うつ病の人は、
この方法は使わないでね。

そしたら、
「そこまで私ひどくないわ~い!」

っていう自分が、
ちょろっと出てきます。

浮上するのに2~3日かかってたものが、
1日とか数時間で、
気分が上がってきます。

凹んだ時は、
自分を責めてあげた方が、
回復も早いです。

img_1526

クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

・不安感が強くて限られた空間でしか、
身動きがとれない。

・理屈では解っていても、
なかなか現状を変えられない。

・制限された中で生きていくのが辛い。

・何をやっても楽しく感じられない。

現状は人それぞれです。

そんなあなたのためのに、
ブログでなんでも相談
ご利用ください。

どうしても現状を早く変えたい、
と言う場合は、
セッションで私に会ってください。

私があなたの問題を必ず解決します。

私は不安障害やパニック障害と十数年近く
付き合っ
てきました。
詳しい私のプロフィールはこちら。

フェイスブックにも、
遊びに来てください。

ブログの感想やご意見、コメントなど、
お待ちしています。

ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - 自分自身の心理