人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

*

男勝りな女性、男っぽい女性③

      2016/09/15

前回までは、
自分にまつわるお話を
お伝えしました。

今回、もうちょっと視点を広げて、

ニューハーフの人や、
LGBT、性同一性障害の方についても
考えてみます。

クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします☆
現在は
メールでの相談を受け付けています。
今すぐメッセージしてね☆

匿名で紹介します。

お急ぎの場合は
直接セッションで私に会いに来てください☆

ANJ86_tukuenoshita20141115104929_TP_V
全てではないにしても、
そういった方にも、
両親が望んだ性別になろうとした、
思い込みによるものは
あると思います。

もちろん胎児期での
母親のストレスレベルなどの、
環境要因もあるとは思います。

今は芸能活動もされていないのかな?

「ラブ注入♥」

のネタでおなじみの、
楽しんごさんは、

生まれたときに、
女の子の洋服を
着せられていたのだそうです。

「ご両親は
女の子が欲しかった…。」

それだけで、
子どもは自分の性別すら
変えてしまおうとする。

そのくらい、
両親に愛されようとして、
期待に応えようとします。

自分はなんだか
女性らしくないなぁ、と、
思われる人は、
少し昔の記憶をたどってみてください。

別のケースで、
先日テレビを見ていて、
両親ではなくて、

「お姉ちゃんから、私の真似をするな!!」と

言われ続けて、
姉の好きな女の子らしい服装、
好きな雑誌やマンガに興味を持ったら
怒られると思って、

お姉ちゃんが興味持たなさそうな、
ボーイッシュスタイル、少年雑誌やマンガを
好きになっていったというお話も
とても興味深かったです。

自分の性別について、
想いをさかのぼってみるのも
良いのかもしれません。

クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

・不安感が強くて限られた空間でしか、
身動きがとれない。

・理屈では解っていても、
なかなか現状を変えられない。

・制限された中で生きていくのが辛い。

・何をやっても楽しく感じられない。

人によって症状や現状は
人それぞれです。

そんなあなたのための、
不安を解消して自由に生きるための
無料メール相談受け付けています。

お名前は伏せて、
ブログで紹介します。

お試し、対面セッション(大阪難波付近)
スカイプセッションをご希望の場合は、
お問い合わせください。

Skype・facebookメッセンジャー・Line
に対応しています。

あなたの問題を解決します☆

私は不安障害やパニック障害と十数年近く
付き合っ
てきました。(プロフィール

フェイスブックにも、
遊びに来てね☆

ブログの感想や意見コメントなど、
お待ちしています。

 - 両親・家族, 恋愛・夫婦・パートナーシップ, 自分自身の心理