人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

*

正月の風邪から学ぶこと

      2017/03/12

お正月ムードも少しずつ
平常モードに切り替わりつつ、
ありますね。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします^o^

 

img_2792

今年は元旦に神社には
お参りには行ったものの、

喉の痛みと疲労感で早めに
休みはしたんですが、

翌2日には喉の痛みマックスで、
熱が出てしまい、
4日まで家から一歩も出ず。

img_2798

行きつけの病院は当然休みですし、

インフルエンザとかだったら
どうしましょう?(*´-`)

などと思いながら過ごしました。

風邪なんかで発熱すると、
寝ながら本を読むとか、
ブログ書くとか、
全くできなくなるもんなんですね(笑)
そんな感じの寝正月でしたが、
改めて身体の大切さについて
考えさせられました。

新年早々ですが、今回は
お疲れのサインについて
考えてみたいと思います。

私の場合、
12月後半は特に忙しくて、

しんどくても眠くても

なかなか休めない、

という状況でした。

普段の忙しさに加えて、
勉強のために大阪に出たり、
ブログやフェイスブックの投稿
なんかもしておりました。

疲れてても身体は動くので、
慢性的な疲労は蓄積されていきました。

急な予定変更、
やることが多くて忙しいなどで、

私自身、忙しいというだけで、
めちゃめちゃストレスになるので、
実はかなり辛かったです。

身体は悲鳴をあげてるんですが、
忙しいとなかなかそこに
目を向けることができません。

そんなわけで、
人には自分が疲労を感じたときの
パターンがあります。

身体からのシグナルですね。

自戒の意味も込めて
書いてみようと思います。

・とりあえず眠い
・メッセージの返事がおっくうになる
・人と会っても口数が減る

・文字を打とうという気持ちが激減する
・人と会うのが億劫になる
・食事を終えてもなかなか動けない

・全体的な動きが遅くなる
・仕事がはかどらない
・ミスが増える

・忘れものが増える
・出かけるのが億劫になる
・時間や期限の厳守が苦痛

・服装や見た目がどうでもよくなる
・やりたくないことをやっている

などなど、考えてみれば
お疲れのサインは沢山ありますね。

風邪とかインフルエンザとか、
熱などです。

色々身体のサインはあったにもかかわらず、
それらを無視した結果、
強制的に「寝る」ことになります。

やりたいことをやってても、
寝るのも忘れて
やり続けてしまっても、

結局寝不足になるので、
放っておくと、

やっぱり倒れます(笑)

なので、
疲れていることを自覚して、
倒れる前に、
自分を休ませてあげる、

ということが
大切ですよね。

風邪なんかはまだ分かり易いですが、
慢性的な病気もそうです。

忙しくて楽しいのも良いですが、
自分を大切にして、
元気に過ごしたいものです。

◆まとめ◆
・身体の疲れにはサインがある
・サインに気づいたら早めに休む

 

img_2811

いつもブログランキングの応援、
ありがとうございます☆


人気ブログランキングへ

・不安感が強くて身動きがとれない。

なかなか現状を変えられない。

・人間関係が辛い。

・イライラ、怒って人に当たってしまう。

・行動力、やる気がない。

現状は人それぞれです。

ブログでなんでも相談
無料活用してください☆

現状をもっと早く良くしたい方は、
セッションで☆

あなたの問題を解決します。

私は不安障害やパニック障害で、
家からまともに出られない状態から
講師になれるまでに成長しました☆

詳しい私のプロフィールもご覧ください。

フェイスブックにも、
遊びに来てね。

facebookに登録してなくても
見られるfacebookページもどうぞ。

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - 体・健康