人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

劣等感を癒す:人の幸せを心から祝福できない

      2017/06/03

幸せそうな人を見て応援できるかどうかで
あなたの今後の幸せは決まります。

例えば、

お金持ちの人
街角で見かける恋人
楽しそうに話しかけてくる人
自分より能力が優れている人
持っているものが違う

そういう人たちを見て、
どう感じるでしょうか?

腹がたつ!
なんかイライラする!
リア充死ね!
どうせ私には無理…

いろんな感情が湧いてくるかもしれません。

ネガティヴなのはだいたい劣等感です(笑)

劣等感でいっぱいになるということは、
少なからず、
そうなりたい願望があるということです。

それを

「私には必要ないし」
「ああいう人嫌い」
「どうせ私には無理…」

とスネたりいじけてしまうと、
そうなる可能性は無くなります。

仮に一時はうまくいっても、
劣等感を抱えたままなので、
長くは続かない恐れがあります。

逆に、素直に

「実はうらやましいんだ」

と認めて、

「素敵だなぁ(o^^o)
私もあんなふうに幸せになりたいなぁ」

と心から思えると、
夢が叶ったときも
幸せに過ごせます。

というのも、
人の幸せを応援できないということは、
幸せに対する拒絶反応が
未来でも起こることになります。

 

「劣等感を感じているということは
わかりました。

けど、とても心から人の幸せを
応援する気にはなれません。」

ということはあると思います。

私自身もまだ劣等感でいっぱいになって
素直になれないことも
たくさんあります。

応援もできなければ、
祝福することも、
誉めることもできない。

そんなときに、
なぜ人を応援できないのかというと、
自分を応援していないからです。

自分を祝福もしてないし、

自分を誉めていない。
まぁ、簡単な話、それだけです(笑)

人ってそんなに
わざわざ「応援してる」とか言ったり
わざわざ褒めてくれません。

もっと言うなら、
あなたのことは認めてるし
愛してますって言葉も、
いちいち言われません(笑)

言われないんだったら、
あなたが世間に求めてることを、
自分に言ってあげれば良いんです。

私、今までいろんなことあったけど、
よく頑張ってるよね。
よく生きてきたよね。

世界中の全ての人が敵になっても
私だけは私の味方だからね。

どんな私でも認めてるし
愛してるよ。大好きだよ。
応援してるよ。

今日もお疲れさま。
いつもありがとう。
ゆっくり休んでね。

もう一人の自分と二人三脚で
人生を歩くのです。

言われもしない言葉を待っていたら
それだけで疲れてしまいます。

だから自分で自分の欲しい言葉を
言ってあげます。

そうやっていくと、
自分自身の幸福度や自己肯定感は
上げることができるのです。

1日5分でOK。

休憩時間や入浴中、
寝る前の時間、

言葉で言わなくても良いので、
自分に対して、

ねぎらい、
辛さを分かってあげて、
認めてあげて、
愛しましょう。

それだけで大丈夫です。

 - 仕事・お金, 恋愛・夫婦・パートナーシップ, 理想のライフスタイル