人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

*

好きなことでないとやる気は出ない

   

あなたはやる気やモチベーションは
上げるものだと思っていないでしょうか?

好きだと思うことに、
やる気やモチベーションを上げないといけない
のだとしたら、
2つの理由が考えられます。

一つ目は、
そもそもやりたくないことを選んでいる。
「○○すべきだ」
「人から文句を言われない」
「人にちやほやされるため」
「○○の方が人に喜ばれる」
という場合が多いです。

二つ目は、
やりたいと思っていても、
疲れすぎている、
頭がごちゃごちゃしすぎていて、
集中できない状況という場合。

好きなことを書き出していく作業は
本当にやりたいことを探すうえで
とても大事な作業なのですが、

やりたくないことをそこからそぎ落とすことも
大事なんです。

なんでかっていうと、
面倒くさいと思う要素が少しでも混じっているだけで、
進まないことが多いからです。

私の場合は、
朝7時に起きて○○する、
午前中に仕事終える、などの
の時間の概念を外しました。

やりたい時にやりたいことをやる、て感じで。

私自身は本を読みたいときに読み、
書きたいときに書く、
眠りたいときに寝る、
というライフスタイルが欲しかったので、
時間という概念を取り払いました。

すると、やる気が徐々に上がってきて、
可能な限り、
やりたければぶっ通しでやるし、
気が向かないことはやらないようにしました。

電気をつけっぱなしで
寝落ちすることも多いです。

この制限のある中でも少しでもこのスタイルに
近い生活を送れると、
無駄な力が削げて、
結果疲れにくくもなりました。

過去にあまりにも、
無理やりモチベーションを上げていたので、

寝て、目が覚めたら、

またいつものやる気の出ない状態に戻ってしまうんじゃないか・・・?

もしかしたらこれはただの躁病か??(笑)などと、
心配になることもありました。

もう・・・気力をふりしぼらなくてもいいんだな。

そう確信できると、
ほっといてもやる気が続くようになりました。

それではここでどのようにしていくかっていうことを
お伝えしていきたいと思います。

ステップ1.好きなことを書き出します。

趣味やコレクション。
旅行に行く、食事、音楽、スポーツ。
漫画を読む、ゲームをする、
ゴロゴロする、寝る。
誰と過ごすのかなど、
考えてください。

考えるときに、
「○○した方がいい」という基準では
選ばないことです。

ステップ2:好きなことをやるうえで、嫌なことを省く。

例えば、時間通りにやるのがイヤ。
周囲に何か言われるのがイヤ。
やったら恥ずかしいと思ってしまう。
仕事がイヤ。
やろうにもそもそも疲れている。

など、好きなことをやろうにも、
それらを阻害している環境や自分の状態です。

ステップ3:今できることを探す。

やりたいことと一言でいっても、
すぐに実行できるなら、
あなたはもうすでに行っています。

疲れているなら、
日々疲れすぎないために、
仮眠をとる習慣が必要かもしれません。

不要な頼み事を断ることかもしれません。

周囲の目が気になっているなら、
一人で過ごせる場所を探す必要があるのかもしれません。

時間が足りないなら、
用事を人に頼む必要があるのかもしれません。

今、好きなことが出来ていないのだとしたら、
少しでも無駄なことを削る必要があります。

ぜひ、やってみてほしいな、
と思います。

今すぐ紙とペンを、
用意してみてくださいね。

あなたのやりたいこと、好きなことの中でも、
やりたくないと思っていること、
もしくは面倒だなと思っていることはなんでしょうか?

ぜひ、教えてください。

また、ショボいと思うお悩みから、
不安に思っていること、
人間関係で悩んでいること、
ブログで取り上げてほしい悩みを、
教えてください。

ブログランキングの応援をお願いします♪
もし、この記事が役に立ったっていう場合は、
ぽちっとクリックしてください♪


メンタルヘルスランキングへ

 - 理想のライフスタイル