人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

体調不良で不安な毎日を改善する方法

   

今回は体調不良で不安とイライラ、ストレスの
悪循環を改善する方法についてお話します。

前回は男女の問題解決方法の違い
について、書きしました。

私は最近は朝スムージーを
久々に作っています。

一時は毎朝作ってましたが、
暑くなる季節は欲しくなりますね。

今日もありがとうございます。
クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします。


6月度、30分無料セッションも受け付けています、
今すぐメッセージください。

具合が悪いときというのは、
これといった原因もないのに
不安感に陥りやすいものです。

体調が悪いことそのものが、
イライラや不安を呼び起こして、

具合がさらに悪くなり、
またさらにイライラや不安になる
という悪循環がやがて病気の引き金と
なってしまいます。

また、自分のダメな部分
受け入れられていなかったり、

不安をリセットするための
ワークを取り入れたりしていても、
十分ではないかもしれません。

心のメンテナンスも重要ですが、
体に対しても
自分を大切に扱うようにしていきたいですね。

今回はほんの少しのポイントを
抑えるだけで、

具合の悪い1日のはずが
体の軽い一日にすることも可能です。

健康を考えるとき、
本当に色々な健康法が
世の中には蔓延しています。

何が良いのか
本当にわからなくなって
しまいますよね。

私自身、以前は、
日本の伝統食をベースにした食事を摂ることで、
健康な暮らしを実現する
マクロビオティックに
熱心に取り組んだことがあります。

玄米採食で、砂糖を極力減らし、
肉をほとんど食べないで
過ごした時期がありました。

結局はメンタル面が
非常に悪かったので、
効果は一時的なものでした。

また、野菜ばかり摂っていることで、
体は冷えてくるし、
気弱な性格が、
さらに弱くなってしまったような
感じがします。

そして色々な健康法を探し回ってしまい、

「健康法依存症」

みたいになっていたと思います。

そして、
ペットボトル飲料や、
加工食品や添加物、肉類が、

全てに見えてくるのです。

食べるものが極端に限定されて、

人との食事などで
食べるのもやむなし、というときは、

不健康なものを口にするのに、
罪悪感を感じるようになりました。

しかも、
「毒」を食べる感覚になってしまって、

「体が悪くなっている」ような
気さえしました。

お気づきかとは思うのですが、
これでは健康になろうとしても、
健康になれないですよね。

つまり、

「健康法もほどほどに」

ということが大切なんです。

マクロビにしても、
1週間程度とか期間を決めて、
体をリセットするためにやる方が、
かなり効果的なんじゃないかと思います。

人間というのは、
何を食べていても、
それに順応する力があるので、
案外何食べても大丈夫なんです。

そこで、体の不調をコントロールするうえで、
私がやっていることを
いくつかご紹介します。

ELF92_osaraniokaretaichigo-thumb-1000xauto-16559

==========

朝、一杯の水を飲む

==========

人間の60%~70%は
水分でできています。

人間は水がなければ、
2~3日で
命が危険にさらされます。

逆に水さえあれば、
一か月以上生きることも出来ます。

水は人間にとって、
栄養よりも大切なものです。

朝起きたときに、
水分を補給することによって、
体を目覚めさせます。

また、内臓を洗うような、
役割も果たします。

もちろん、水道水ではなくて、
浄水器の水や、
ミネラルウォーターに
してくださいね。

==========

ストレッチをする

==========

水分を補給したら、
体を少し動かすことで、
1日のパフォーマンスが上がります。

少し汗がにじむ程度の
運動が理想ですが、
なかなかそうもいきませんよね。

私もできない日が多いですが、

「スクワットを30回」

とかでも良いと思います。

スクワットそのものが
全身運動に近いし、
場所も時間も取りませんよね。
==========

朝食は、フルーツかサラダにする

==========

朝というのは、
体がまだ半分眠っている状態です。

そんな体に、
パンや普通の食事を摂ると、
胃腸に負担がかかり、

1日のパフォーマンスが
下がる場合があります。

なぜフルーツやサラダかというと、
消化の早い食べ物だからです。

果物や野菜は胃では、
分解する必要がほとんどありません。

消化にかかる時間は、

水、果物は30分前後
野菜は30分~1時間

炭水化物、たんぱく質は2時間~3時間
脂肪は半日以上

といわれています。

調子のいい時は
しっかり食べてもいいですが、

ぼんやりしていたり、
疲れが残っている場合は、
胃腸に負担をかけないようにしましょう。

==========

昼、夜の食事は食べたいものを食べる

==========

朝だけちょっと気を付けて、
あとは何食べても自由って感じです。

自由なんですが、

「食べたいものをちゃんと食べる」

ということを意識してください。

肉ばかり食べていたら、
いつかは野菜も食べたくなります。

野菜ばかり食べてたら、
肉も食べたくなります。

インスタント食品ばかり食べていたら、
新鮮なものが欲しくなります。

体が欲しがっているものを、
ちゃんと摂ってあげる、
ということを意識します。

やりたいことがわからないという人は、

今、食べたいものも
よくわかってない場合があります。

考え方のコツは、

「食べた方がいいもの」
「食べない方がいいもの」

ではなく、

「何を食べたいのか?」

です。

ジャンクフード食べたいんだったら、
食べてください(笑)

今、食べたいものを選ぶということは、
体の感覚や感情をを呼び戻す
練習にもなるんです。

==========

自分の体を信じる

==========

色々な健康法はあるのですが、

しょっちゅう具合の悪い人は、

「具合が悪いのがふさわしい自分」

というのを選択していると思います。

私自身も

「体が弱い自分が当たり前」

と思っている間は、
どんな健康法もサプリメントも、
うまく機能しません。

そして、体に悪いといわれている
成分も現実避けようがありません。

つまり、
「自分の体の回復力を信じる」ことで、

具合の悪い日も減ってくるのです。

信じるといっても、
難しいかもしれませんが、

「私の体は、必要なものを吸収して、
必要ないものは排泄されます」

というふうに、ある意味、
自己暗示をかけるような感じです。

医者から渡された偽薬を飲むと
本当に治ってしまうという
フラシーボの効果を自分に使うのです。

***

いかがでしたか?

体調不良というのも、
自分の思い込みである可能性があります。

そして、
食べたいものを
ハッキリさせていくことで、

自分の好き嫌いの感覚をつかむことで、
やりたいことや、やりたくないことも
見えてきます。

あなたは、「今」何が食べたいですか?

「それは違うんじゃない?」
と思うことはありますか?

「私は体弱い」って思ってますか?

実践してみてもうまくいかない
という場合は、
相談くださいね。

image

◆◆◆◆◆告知◆◆◆◆◆

もしもブログに書いてあることを実践しても
結果が出ないのだとしたら、
別の問題が片付いてないせいです。

今回は6月度、限定で、
30分無料セッションを
受け付けています。

対面、電話、スカイプ、メッセンジャー、Line,メール、
どのような形でもかまいません。

変化されたい方は、
今すぐ「無料相談希望」とメッセージください。
お逢いできるのを楽しみにしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
クリックorタップで、
ブログランキングの応援をお願いします。


人気ブログランキングへ

あなたが思い込みに気づいたり、
行動を少しづつ変えていくことで、
人生は変化します。

不安に思っていること、悩んでいること、
苦しんでいること、怖いこと、など、

ブログで取り上げてほしいお悩みを、
募集しています。

個人的に相談したい、
お問い合わせはこちらまで。

私のプロフィールはこちら

フェイスブックをやっています。
ぜひこちらへ遊びに来てください。

ブログの感想や改善して欲しい点など
フィードバックもお待ちしています。

 - 体・健康, 自分自身の心理