人間不信、不安症、パニックでも安心できて大切にされる心の方程式

生きにくい人生から愛されて好きなことして生きる人生へ。90日で本当の問題を解決するライフダイビングカウンセラー谷美智子

昔、手に入らなかったもの「お子様ランチ」

      2017/05/22

最近はまた自分と向き合う
サイクルに入っています。

自分をカウンセリングする。

最近は自分のネガティヴな一面を
ひたすら感じるということをしています。

そんな中で、
「小さい頃に手に入らなかったもの」
は何だろう?

ということを考えていました。

その一つに、
「レストランのお子様ランチ」
がありました。

当時、小さい頃の私は、
胃腸が弱くてよくゲロしていたし、
鼻水は垂れていたし、
咳もしょっちゅうしてて、
中耳炎にもしょっちゅうなるしで、

三半規管が弱かったんです。

そんな時期に、父が、

「ファミレスに行って
家族でご飯を食べに行こう」

といって、
日曜のお昼に車でファミレスに行って
食事することになったんです。

車で行くといっても
平地でゆっくり10分の距離です。

しかし私はそれで
車に酔ってしまったんです。

頭がガンガン痛くて気分が悪い…

吐くまでとはいかなくとも、
ファミレスで食事なんて
とんでもない…

父と母、姉二人は、
美味しそうに食べている横で、

気分悪く、
水くらいしか口にできなかった…

という記憶があります。

そして、その後も何度か、
同じような状況か、
ほんの少量しか食べられなかった
ような気がします。

帰りも車なので、
酔ってしまう可能性を考えて、
食べる量を無意識にセーブ
していました。

つまり、外食をしても、
お腹いっぱい食べることができず、

外食そのものが苦手に
なっていった気がします。

この経験だけではないかもしれないですが

家族でどこかに出かけることが
億劫になって、
遊園地やイベントごとに行こう!

ということになっても、
気乗りしなくなりました。

私が今「どこに行きたい?」
と聞かれても、
あまりそういった希望が
イマイチ無いのも、

「外に出ると気分が悪くなる」

と心のどこかで思い込んでいるから
なのかもしれません。

うん。

話は逸れましたが、

最初の記憶にある
ファミレスでのランチは、
私は何も食べられませんでした。

「家族の中で
私だけが食べられなくて
悲しくて寂しかった。」

という気持ちが残っています。

こんな些細なことで、
性格はこんなに大きく作用するのかな?

と考えながら、

そのときに本来なら
注文されていただろう

「お子様ランチ」

を食べてみることにしました。

レストランに行って、
お子様ランチなんか大人が
頼めるのかな?

と少し不安に思いつつ、
お子様ランチを注文しました。

普通にオーダーが通り、
普通に出てきました(笑)

おぉ!

昔も今も旗が立ってる(笑)

でも、
これは昔食べられなかったんだなぁ、

としみじみしながらいただきます。

カレーがめちゃくちゃ甘い!

まさに子供向けのあの味付け。
昔に引き戻されるような感覚と、
あぁ、これ食べたかったんだなぁ、

とホントにしみじみ
味わっていただきました。

本当になんだか美味しかったです。

なぜか涙まで出てきたし。

昔、手に入らなかったことでも、
今手に入れることは
可能なことはあります。

過去の事実は変えられませんが、
こうして過去の溝を少しだけ
埋めることができます。

あなたが過去に手に入らなくて、
今、手に入れられるものが
あるとすればなんですか?

そんなもん忘れたわー!!って人は(笑)
LINE@で友達登録してくださいね。

友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40veo8075j


いつもブログランキングの応援、
ありがとうございます☆


人気ブログランキングへ

いきなり相談が不安な人は、
ブログでなんでも相談を利用してね。
結果を早く出したい人はセッション

私は不安障害やパニック障害で、
家からまともに出られない状態から
講師になれるまでに成長しました。

私のプロフィール

フェィスブック個人ページfacebookページのいいね!
ありがとうございます!

90日で本当の問題を解決する
ライフダイビングカウンセラー
谷 美智子

 - カウンセリング, 自己開示